2011年8月25日木曜日

印象

ここのところ、某芸人さんの引退について、どこの
TV局も大きく取り上げています。
「波紋」とか、「影響」とかいう言葉を遣ってますけど、
騒いでいるのはマスコミだけでは?という気がしなくもありません。
私的には「そんなに大騒ぎする事か?」と思ってしまいます。

もう二十数年前の話です。
当時の私は東京で専門学校を出て、TV番組制作技術の
会社にバイトで入っていました。
どこのTV局の下請け、という訳でも無く、色々な番組
制作プロダクションと組んで、TV番組を作る会社です。

その頃はまだ、フジテレビも現在のお台場では無く、
新宿の河田町というところにありました。
私は週に1,2回、フジテレビに通っていました。
(VTRを届けたり、局内スタジオでの撮影助手などしてました)

TV局内では当然というか、芸能人の方々とすれ違ったりします。
そこで私は当然の如く、芸能人の方にも、スタッフの方にも、
挨拶をします。(ペーペーですからね)

お会いする方も様々なんですけど、特にお笑い芸人さんとか
歌手の方とお会いする機会が多かったんです。
で、こちらが挨拶をすると、挨拶を返してくれる方、くれない方も
当然、出て来る訳です(ペーペーですから)

例えば、さんまさんとかたけしさんとか、とんねるずの憲武さんなんかは
こちらが挨拶をすると「おう!」とか「おはよう」と言葉を返してくれました。
とても印象深く覚えています。
しかし、その某芸人さんは全くの無視でした。
それ以来、私はその人に対する印象がとても悪く、
彼が出る番組もほとんど観ていません。

今、様々な芸能人さんやら、官房長官やら、知事やらが、
彼の引退について惜しむ発言をなさっています。
きっと、身内感覚で付き合いがある方達にとっては、
とても良い人なんでしょう。
もっとも、私の印象も二十数年前のモノですから、
それからスタッフへの対し方も変わったのかも知れません。

けれど、一期一会の言葉通り、人に対する印象というのは、
一番始めに決まってしまうモノです。
皆さんも、ちょっとだけ気にしてみてください。

*******************************
  カウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年8月21日日曜日

SHG誕生物語

私はカウンセリングをしていますが、ボランティアで
栃木県内のセルフヘルプグループ(以下「SHG」とします)の
情報収集や発信、SHGの設立支援などを行っている
とちぎセルフヘルプ情報支援センターのお手伝いもしております。

この活動をしていて感じる事は、SHGの存在を知らない方が
意外と多い、という事なんです。
そのために、SHGをもっと知ってもらおうという活動も行っています。

そんな中、SHGがどのように生まれたかをわかりやすく
動画がアップされていましたので、ここでご紹介させて頂きます。







皆さんもぜひ、こういう活動をしているところがある、という事を
ココロの片隅にでも、置いておいて下さいね。

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年8月18日木曜日

少しホッとした出来事

今日も暑い一日でしたね。

友人がミニコンサートをやると聞いて、昼間出掛けて来たんです。
バスで出掛けたんですけど、コンサートが終わっての帰り道。

バス停でバスを待っていると、小学校の低学年くらいの
女の子と、そのお母さんがバス停に並んだんです。
その時、その女の子がお母さんに向かって一言。

「ママ、そこは目の見えない人の道路だから立ってちゃだめだよ!」

そう、お母さんは点字ブロックの上に立ってたんです。
ちょっと恥ずかしそうに周りを気にするお母さんでしたけど、
私は少しホッとしました。

この子は恐らく、点字ブロックの事を学校で習ったんでしょうね。
そしてそれをちゃんと覚えていて、お母さんに教えてあげた。
目の不自由な方に対して、思いやりのココロを持っている。
これって、とても素敵な事だと思うんです。

本来ならこういう事は、家庭でも教えておくべき事だと思うんですけど、
ひとまずこの子は、そういうマナー、他人を思いやるココロを学んでくれた。
この子が通っている学校では、そういう教育をきちんとしている、
という事ですから、それがオトナになっても根付いていてくれたら、
きっと人に優しい、人を思いやれる社会が出来て行く、と思えました。

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年8月16日火曜日

引き続き、です

さて昨日は、人の自己実現欲求アファメーションについて
書いてみましたが、このアファメーションの元になるのが、
人の潜在意識無意識、とも言いますね)になります。

アファメーションは自分の潜在意識に働きかけるという事ですけど、
この潜在意識というのが実はとっても厄介だったりもするんです。
日頃、私たちの行動とか言動は、顕在意識が働いているモノです。
それに対して潜在意識というのは、その名の通り、無意識に
行っている事がそれです。

モノの本によれば、人が普段行動したりする時に使われている
この顕在意識と潜在意識の割合は、顕在意識が4%、
潜在意識、無意識は96%なんだそうで。
(これって、人が脳を使っている部分の割合と似てますよね)
人の行動って実は、相当に無意識で行っている事が多いって事ですわね。


実はこの潜在意識が、ものすごい働きをしている、という事はご存知でしょうか。
例えばです。
色々な事が上手く行っている人がいたとしましょう。
自分はその人と友達なんだけど、その人が上手く行っているのを素直に喜べない。
そういう時、ありませんか?

何であの人はあんなに上手く行っているのに、自分は上手く行かないんだろう。
同じような事をしているはずなのに、何で差が付いてしまうんだろう。
自分はダメな人間で、あの人は素晴らしい人間。
しまいには、あの人が居なかったら、自分が上手く行ってるかも知れない…
なんて事まで考えてしまう事もあるかも知れません。

潜在意識っていうのは、自他の区別とか、事の善し悪しは
判断せず、全て自分の事として処理する、と考えられています。
つまり、相手が上手く行っているという事実とか現実を喜べないって事は、
相手の幸せみたいな事を否定しちゃってるって事ですよね。
そんな風に妬んだり、否定したりすると、潜在意識は
「この人はそうなりたくないんだな」と判断してしまうんです。
誰かの幸せを妬んだり、否定したりすると、「この人は幸せになりたくないんだな」と
判断して、自然とそういう行動とか、考えに自分を導いてしまうんですね。

つまりは、です。
この厄介な潜在意識に「自分はこうなる」とか、「自分は○○だ」と
言い聞かせる事によって、行動とか言動、考え方を良い方向に
導く事も出来る訳です。

朝、目が覚めて「今日も良い目覚めが出来て、幸せだ」とか、
夜、寝る時に、「今日は○○があって(出来て)頑張った!幸せだ!」とか、
或いは、他人の幸せを見て、それをココロから喜べる人、現実を
否定したりせずにそのままに受け入れて行ける人、そんな人が、
上手く行っている人に当てはまると思って下さい。
これがアファメーションであり、自己実現欲求を達成出来る人になっていくんでしょう。

皆さんもぜひ、今から自分を褒めたり、自分はこうなりたい…から
自分はこうなる!こうなっている!という風に意識を変えてみませんか?

お付き合い、ありがとうございました<(_ _)>

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年8月15日月曜日

ココロについて

先日も書きましたけど、ここのところFacebookを
色々と勉強している毎日が続いておりまして。
それこそ色々な方々とのつながりが毎日生まれている状況です。

プロフィールなんかを読んでいると、皆さんとても前向きで、
それぞれのお仕事を楽しんでいる様子が伺えるんです。
こういうのを読んでいて、カウンセリングの勉強を始めたばかりの頃に
読んだ本の事を思い出しました。

「人には誰にも、自己実現欲求がある」

子供から大人まで、男でも女でも、誰にでも必ず、これがある。
例えば子供の頃なら、「大きくなったら○○になりたい!」ってのが
ありましたよね?
ちなみに私が小学校の頃には、オーケストラの指揮者か、天文学者に
なりたいって夢がありました。
どっちにもなれてませんけどね(^^;

オトナになって「夢が無くなった」なんて人もいるかも知れませんけど、
自己実現欲求=夢では無いんです。
例えばオトナになって、好きな人が出来たとしましょう。
あの人と付き合いたいなぁ、とか、結婚したいなぁ…というのも、
自己実現欲求ですし、例えばお仕事で出世したいなぁ、とか、
給料上がらないかなぁ、なんてのも、自己実現欲求の一つです。

他にも、自分の家庭が出来たら、これからこんな風な家族になって行きたいなぁ、
とか、歳を取って、こんな最期を迎えたい、なんていうのもそうですよね。
このように「○○したい」とか「○○になりたい」と考える事が
自己実現欲求、という事になります。

で、前述の方々ですけど、プロフィールを読んでいるとほとんどの方が、
「○○するために○○している」とか、「○○になるために○○の準備をしている」と
いった事が書いてあるんですね。
これって、自己実現欲求に+αされていますよね。
そこがちょっと違うところです。

○○している、と今現在の状況を書かれています。
そして、断言している、言い切っているところがミソです。
アファメーションって言葉、皆さんどこかで聞いた事があるのではないでしょうか?
アファメーションとは簡単に言うと、「~したい」「こうなれば良いな…」という願望を
「~だ」と断定し繰り返し唱える事で、潜在意識に働きかけ、
変化や成長が遠くの未来にあるものではなく「今がそうなんだよ」という
現実を作り出す事なんですね。

受験の頃、壁に志望校を書いた紙を貼ったりしてませんでした?
それに近いもんだ、と思って頂いても結構です。
遠くの目標、○○になりたい、という欲求があって、そこに到達するために
今、自分はこうしている、こうなっている、と繰り返す事で、
現実を理想に近付けていく、という事です。


アメリカの心理学者さんの言葉だった、と記憶しているんですけど、
「意識が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。」

これも聞いた事ありますよね?
私がカウンセリングの中で、よく利用させてもらっている言葉なんです。
これは、アファメーションを行った結果、と捉える事が出来ます。

ちょっと長くなっちゃいましたので、また明日…

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年8月14日日曜日

ココロとカラダのバランス

全く、暑い日が続いてますね。
体調など、崩されていませんか?

私は少々、夏バテ気味のようです。
生活のリズムが大きく変わったせいで、カラダの
リズムが狂ったようなんですね。

以前にも書きましたが、ココロとカラダは表裏一体。
どちらかの具合が悪くなると、もう一方も具合が悪くなる、
という連鎖が起こります。

逆に言うと、どちらかの具合が良くなってくれば、
もう一方の具合も回復してくる、という事になるんですが、
これが意外と、皆さん知らないところのようなんです。

私のところに送られてくるメールの中で、体調の不調を
訴えて来られる方には、ひとまず病院に行く事をお勧めしています。
特に心療内科や精神科を勧める訳でも無く、
(もちろん、一応お勧めはしますが)普通の内科などでも
対応は出来るので、そこでカラダの不調に対するお薬を
出して頂くんですね。

カラダの不調をまず、投薬で治して頂きつつ、
メールでココロの不調を少しづつ治して行く。
このどちらかが欠けても、ダメなんですね。

ココロとカラダのバランス、普段から少しだけ、
気を付けてあげて下さい!

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年8月13日土曜日

学びの日々

暑い日が続いてますが、皆さん体調崩されたり
していませんか?
そろそろ夏バテも気になる時期ですので、
しっかり食べて、しっかり睡眠取るようにしましょう!

ここのところ、Facebookの勉強をしております。
目的は、カウンセリングをもっと色々な方に知ってもらったり、
気軽に利用して頂けるようにするため。
(私が所属するカウンセリングサイトの宣伝がメインですけど)

何かを新しく始める時って、色々と勉強する事も多くて
面白いですね。
今まで知らなかった世界が少しづつ見えて来たり、
展望が開けて来るのは、楽しみでもあります。

ここ数日で、色々な方にお友達になって頂いたんですけど皆さん、
ご自身で起業されたり、これから起業しようとされている方が多くて。
これも、ものすごく勉強になります。

何より皆さん、すごくエネルギッシュです。
プロフィールを拝見すると、とても前向きな言葉が並んでいて、
それを読むだけでもココロが元気になれます。
お仕事もアクティブにされている様子が伺えて、
私なんかはまだまだだなぁ…と反省してみたり。

私もそんな方々を見習い、カウンセリングも精進すべく、
これからも学んで行きます。
もし見掛ける事がありましたら、お気軽に
メッセージくださいませ!

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年8月10日水曜日

何を考えているのか分からない

今日のニュースを見ていたら、2歳の我が子を
餓死させた父親が警察の聴取で
「子供よりも猫の世話の方が大切だった」と
供述している、と報じられていました。

2歳になる甥を、いわゆる「赤ちゃんポスト」に預けて、
その子の亡くなったお母さんの保険金を自分でせしめて、
ギャンブルに使っていた伯父というニュースもありました。

番組のリハーサルに使った、ここに書く事すら気分が悪くなるような
言葉を連ねたテロップを、本番で流してしまったTV局がありました。

心理カウンセラーとしては失格なのかも知れませんが、
こういう輩どもの心理というモノは、理解出来ないし、
理解したくもありません。

何が、どこで、どうねじ曲がった結果が、このような人間を作り出してしまったのか…
その根底にあるモノから、考えなければいけないのかも知れません。

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年8月7日日曜日

「普通」の事に・・・

今朝もまた早くに目が覚めてしまいまして。
TVを点けたところ「テレビ寺子屋」という番組に
長谷川泰三さんという、心理カウンセラーの方が
出演されていました。

この長谷川さん、「車いすの心理カウンセラー」として
全国を駆け回る活動をされているそうで。
その方がカウンセラーになったきっかけとか、阪神淡路での震災、
東日本大震災での心のケアの重要性などを話されていました。

毎年3万人を超える自殺者(最近は自死とも言うそうで)が出ていて
これは先進国と呼ばれる国の中では、ロシアに次いで2位となる
この日本ですけど、実際はもっと数が多いかも知れないそうで、
もしかすると日本って、自殺者が最も多い国なのかも知れないんだそうです。

長谷川さんはこの日本の現状を変えるために、全国でカウンセリングや
ワークショップ、講座などを開催されているんだそうで、そのバイタリティは
私も見習わなくてはなぁ…と思わされました。

その中で私が最も共感したところ、それは
「もっと心理カウンセラーを利用すべき」という部分でした。
(昨日もある方と、そんな話をしていたんですが)

以前も書いたと思いますが、欧米では自分専属の心理カウンセラーが
いるという事は一つのステータスになっていたり、その人自身の
信頼を得るための一つの指標みたいなモノになっています。
それこそ健康診断感覚で、何も無い時でもカウンセラーの元を訪れて、
話をして来る、そんな事が「普通」に行われています。
それこそが、ストレスの解消になったり、もっと言えば神経症など
ココロの病の予防になっているんですね。

一方で日本はと言えば、その文化とか精神性のせいなのか、
未だに根性論が根強い世の中で、なかなか心理分野への理解というか、
認知度は低いと感じます。

根性が足りないからだ、とか、頑張りが足りないからだ、という
言葉は今でもよく聞かれます。

また、そういう国民性からなのか、最近は多少変わっては来たものの、
今でも心療内科や精神科を受診する事に対する抵抗は強いと思います。
「ご近所に知れたら、変な目で見られるんじゃないか」とか、
「職場に知られたら出世出来ない、クビになるんじゃないか」という
不安から、最初の時点での受診を遅らせてしまい、結果として
重症化してしまうケースも多いんです。

私は「そういう時のためのカウンセラーです」という事をこれまでずっと
言い続けて来たんですけど、同じ思いでこれほどの活動をされている方が
いる事を知って、とても心強く感じられました。

もっとカウンセラーを身近な存在に、気軽な存在にしていって欲しい。
カウンセリングを受けるという事が「普通」とか「当たり前」と
言われるような世の中になって欲しい。
そのためにはやっぱりこうして、地道であってもメッセージとして
伝えていく事が大切だな、と。

昨日の話の中で私も「貴方のココロの荷物 預かります」という事を
自分の中のポリシーとして、これからもカウンセリングを学び、精進しつつ、
誰かのお役に立てるよう、心理カウンセラーとしてやって行こう、と
心を新たにしました。

この日記を読んで下さった方にはぜひ、精神科や心療内科は、外科や
内科、耳鼻科と同じなんだという事を、心理カウンセリングを受ける事は、
「普通」の事なんだ、という事を理解して頂きたい、と思います。
そして、風邪やガンのような身体の病気が、初期のうちに治療する事で
快復するのと同じように、ココロの病というモノも、早いうちに手を打てば
早く治る、という事を知って置いて頂きたい、と強く思います。

ブイリターン総合心理研究所 長谷川泰三 公式サイト

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年8月6日土曜日

癒し いろいろ

やっと夏らしい天気になって来ました。
暑さ復活は夏っぽくて良いんですけど、
これまで涼しかった分、少し暑くなっただけでも
身体に堪える感じもしています。

私のストレス解消は音楽を聴いたり、
ライブを観たり、という事を書きました。
もちろん、音楽は私にとってココロを癒してくれる
大切なモノですが、先日、整体に行ってここでまた、
身体もココロも癒されて来ました。

私が行ったところは「ソフト整体」というモノで、身体中の
骨をバキバキ…という感じでは無く、じっくり、ゆっくりと
身体のゆがみを治してくれる、そんな感じがとても
心地良かったです。

さらに、そこには看板犬のチワワがいたんですけど、
この子がすごく可愛くて。
いつもお客様の相手をしているせいか、とても人懐っこくて、
見ているだけでも癒されるし、抱っこしてまた癒されて。
ペットセラピーというモノがありますけど、その効果を
実感出来ました。

人それぞれ、例えば美容院で髪を切ったりとか、
お気に入りのお店で、好きなように時間を過ごしたり…
気の合った仲間たちとおしゃべりしたり。
癒しの空間とか、癒しの時間って、考えてみると色々とありますよね。
皆さんにとっての癒し、教えて下さい!

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年8月4日木曜日

自分のために

天候が安定しませんね。
先日の大雨でまた、色々な場所で土砂崩れや
洪水など、被害が出た場所もあるようで、
改めて自然の力というモノを見せ付けられた気がします。

先ほどのニュースで、今週末から始まる高校野球の
話題がありました。
その中で取り上げられていたのは、被災地から
出場する学校。

その中の一人の選手は、震災に伴う津波で
実家が流され、おじいちゃん、おばあちゃんが
今もまだ見つかっていないんだとか。
そんな中での甲子園出場に向けて、
「被災地の、地元のみんなに力とか、勇気とかを
与えられるプレーをしたい」とインタビューに答えていました。

先日のなでしこJAPANのW杯優勝の時、
選手の皆さんは口々に「被災地の方々、日本のみんなに
力が与えられたら、と思ってプレーした」と語ってました。

両方とも、その気持ち、想いはとても尊く、大切な事だと思います。
けど、なでしこの皆さんはともかく、高校生の彼らには、
被災地のためとか、みんなのため、ではなくもっと、
自分のため、チームのために、試合をして欲しいなぁ…と感じました。

これまで一生懸命に甲子園を目指して練習して来て、
大きな地震があって被害を受けて、練習がままならない時とかも
あったと思うんです。
そんな中で勝ち取った甲子園への切符です。

もちろん、そういう状況の中で支えてくれた周囲の皆さんへの
感謝の気持ちとか、出場したくても出来なかった他の高校生達の
想いとかを胸に秘めて、というのは大切ですけど、
とにかく自分の想い、自分がこれまでやってきた努力の成果を
充分に発揮するためにも、自分のため、チームのために
頑張って欲しいなぁ…

被災地の人も、日本中の人もみんな、そんなひたむきに戦う姿を見て、
それぞれの汗に、うれし涙に、悔し涙に、笑顔に…
そんな爽やかな姿に、勇気とか感動とか、力をもらえるんですから。