2011年4月21日木曜日

風評

さて、このニュース↓

福島ナンバー拒否、教室で陰口…風評被害に苦悩(ヨミウリオンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110421-OYT1T00520.htm


昨日の新聞のコラムに、これと似たような事が書いてありました。
福島県(原発からは離れた地域)から、他県に用事があって
車で行った際、「放射能に汚染された車は出て行け」といった
落書きが、車にされたんだとか…

他にもここ数日の間でニュースになった事を観ると…

・神奈川県川崎市長が「福島県で出ている粗大ゴミを川崎市まで持って来て
処理したい」と発言したところ、市民からのクレームが4000件以上来た。
(「放射性物質で汚染された粗大ごみは持ち込まない」と市のHP等で呼び掛けている)

・茨城県つくば市では、福島県(全域)からの転入希望者に対して、
放射線の検査をしていない人は転入を拒否していた。
(現在では改善されたようです)

・福島県から転校してきた子供が「放射能が付いている」と言われ、
いじめを受けている…

他にも色々とあるようですけど、いじめの件はともかく、皆さんは
これをどのように受け止めるのでしょうか?

放射能汚染は怖いんだから、こういう処置や意見もアリだろう、
と思われる方もいるでしょうし、いや、これは明らかに過剰反応だ、と
思われる方もいると思います。
私は、後者です。

私はこれらのニュースに触れて、寂しいなぁ…悲しいなぁ…と
感じました。
実際これは、人災と言って良いと思います。

無知、と言って良いのかどうかは分かりませんけど、
確かに今は、様々な情報が様々なところから流されていて、
どの情報を信じたら良いのかも分からない、というのも
ある事は事実です。

私だって、原発やら原子力やら放射能やらの知識を
持ち合わせている訳ではありません。
皆さんと同じ情報に接し、その情報を元に、生活をしていますから。

震災後の政府や東電の発表の曖昧さが全ての元凶のような
気もしますけど、だからといって、ここまでの事を言ってしまって良いものかどうか?
その後も政府やら東電やら保安院やら安全委員会やら…
ニュースなどでは原子力の専門家と称する人達がそれぞれに、
色々な事を言っていて、どれもまちまちな意見で、片や安全だと言い、
片や危険だと言い。
シーベルトだのベクレルだのと、普段ほとんど聞かないような横文字を並べて、
人々の不安を煽るだけ煽っているようにしか感じられないんです。

実際、本当に放射能汚染や被ばくの危険があるところって、
原発の周辺、せいぜい数百メートルくらいだと思うんですよ。
ただ、そこで生活をするとなるとしばらくの間は、ちょっと危険なのかな、
くらいのモノで。
現実的に、その原発では今でも、必死に働いている方々がいる訳ですからね。

それに、そのまちまちの情報でも総合的に観て行くと、
とりあえず現状では、その原発周辺以外は大丈夫なんだよ、と
伝えている訳で。
もっとも、それすらも信じられないと言われたら、どうしようもない訳ですが。

ただ、福島発というだけでこういう拒絶反応はやっぱり、寂しいと思うんですよ。
これまでにも小さな原発関連の事故はあった訳ですけど、
ここまで大規模な事故は、国内では初めてですから、
過剰に反応してしまう気持ちも分からなくはないんですけど、
少し冷静に考えれば、もう少し対応も違ってくる、と思うんですけど。

ただこればかりは人それぞれ、意見は分かれるところだと思うんですけど
せめて、子供のココロが傷付く事だけは無いよう、親や教師、
周りのオトナはしっかりと、正しい知識を子供達に伝えて欲しいモノです。

被災地の復興については、被災地の方々よりも、実被害が無かった
地域の方々の結束が必要になると思うので、このような風評被害が
これ以上広がらないようになってくれる事を願います。
風評を「広げる」のも「収める」のも、ヒトですから…

まとまらなくなってきたので、この辺で(^^;

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年4月18日月曜日

ヒトの強さを感じます

この辺の桜も散り始めて、葉桜になって来ました。
ちょっと寂しい感じがしますねぇ…

夕方から風が冷たくなって来ました。
天気が悪くなるようで。

ここ最近やっと、ニュース等で流れる被災地の映像を
普段の気持ちで観られるようになって来ました。

被災地の風景は震災直後からほとんど変わっていない。
けど、そこに暮らす被災された皆さん、特に子供達に
笑顔が戻って来たから、でしょうか。
直後は、家族を失い、友人や知人、大切な人を失い、
家と共に思い出まで流され、崩れ去ってしまった中で、
嘆き悲しむ顔しか流れていなかった。

あの地震から一カ月超。
そこに暮らす皆さんに笑顔が戻って来たのは、
観ているこちらとしてもホッと出来る瞬間なのかも知れません。

皆さん、強いです。
「衣食足りて礼節を知る」という言葉がありますけど、
様々に不自由な思いばかりの毎日の中でも、
そんな毎日だからこそ、小さな事一つ一つに感謝し、
「ありがとう」とボランティアさんや自衛隊の方々などに
言葉を掛け、「おかげさまで」とTV取材に応えている。
すごいなぁ…

置かれた状況や環境、これからの事を思えば、不安ばかりであろうはずなのに、
それでも笑顔で日々を過ごす。
私が同じ状況になったら…
ちょっと想像出来ませんね。

仙台の小学校で、給食が再開された映像が流れて、
献立はコッペパン一つに牛乳一パックだけ。
それでも子供達は「美味しい!」と笑顔で答えていて。
泣けて来ましたねぇ…
(どうも、涙腺が緩くていかん(^^;)

実被害が無かった私でさえ、何かが変わってしまった気がしています。
具体的にこれ、という説明が出来ないんですけど、
価値観が変わった…というのは言い過ぎか。
モノの見え方、ヒトの見え方、それまで「これが正しい」と思っていた事が
そう思えなくなっていたり、今までは「これは間違っている」と
思っていたはずの物事が実は、真理だったのかも…なんて思えたり。
人生とは儚いモノ、なんて漠然としか思っていなかった事が、
急に現実味を帯びて来たりして。

それは時に前向きだったり、後ろ向きになったりして、ココロが
虚ろっている、何だか変な感じです。

被災地に住む子供達がオトナになった時、彼らの街が
どんな形で復興しているのか…
その復興の中心になるのはきっと、彼らのはずで、
その時に、この災害がどんな形で彼らの心に残るのか。
それはきっと、復興の段階をリアルタイムで見ていく中で、
変わって行くのかなぁ…と。
どうか、前向きな形でココロに残っている事を祈りたいです。

私は私で、これからも自分に出来る事をやって行くだけ、という事は
変わっていません!

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年4月11日月曜日

励まし合いましょう

あれから一ヶ月。
そろそろ少しづつ、落ち着いて来ましたね…って
書こうと思ったんですけど、先週に引き続いてまた、
大きな余震がありました。

神様ってのがいるんだとしたら、何故こんな試練を
与えるんでしょう?
乗り越えられない試練は与えないって言いますけど、
確かにそうなんでしょうが、それにしても、これほどの試練を
何故、今、日本に?

ガイアという生命体が、自分の体に巣食うウィルスを
退治するために、こんな事をしているのか?
これまで、人間がしてきた数々の所業を反省させるために、
こんな事態を引き起こしているのか?

考え出したらキリが無いんですけど、 こんな状態が
まだまだ続く事を思うと、被災地の方々の
気持ちもなかなか前を向けないんじゃないかな、とも思う訳で。

一番心配なのは、こういう大きな余震がたまに来る事によって、
あの大きな地震の事が、その悲惨な状況や光景が、
フラッシュバックして来て、ココロに大きなダメージを
与える事です。

少し落ち着いて来て、やっと少し心が前を向いて来たところに
こういう事が起こると、そのココロが受けるダメージは非常に大きくなるモノです。
そしてそのダメージからの回復には、相当な期間を要する事もあります。
これはオトナも子供も同様です。

眠れなかったり、急に不安な気持ちが起こってきたり、
頭痛や吐き気がしてきたり、そんな様々な症状が
起こって来たら、要注意です。

その対処法は、これまでにも書いて来た通りですが重ねて、
とにかく人同士が触れ合う事です。
不安を語り、苦しみを語り、その想いを共有する事。
その積み重ねが、凍りついてしまったココロを少しづつ
溶かして行く事になります。

身近な人、家族や友人、恋人、誰でも良いです。
とにかく話す事を止めないでください。
話を聴く事を止めないでください。

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年4月5日火曜日

3割

少し前に出ていたこの記事↓
緊急地震速報「正解」は3分の1 (asahi.comより)
http://www.asahi.com/national/update/0321/TKY201103210268.html

震災直後からの緊急地震速報が当たったのは、約3割ほど
だったんだそうで…

地震から2,3日後くらいからでしたか、Twitterを観ていると、
緊急地震速報や、これに伴って各携帯キャリアが提供している
メールでのお知らせサービスの音がするたびに、「怖い」とか
「身構えてしまう」という人が増えて来まして。

この速報や、地震が来る事を知らせてくれるメールサービスを
否定するつもりはないんですが、どうも本来の目的とは違った、
マイナスの現象が起こっているようなんです。
ちなみに、iPhoneでもこのようなサービスが受けられるアプリは
あるようですけど、私は使ってません(^^;

上記の通り、速報が流れても、実際にそれだけの大きな揺れが
来るのは3割程度。
7割は来ない。
私の実感として、TVでの速報が流れた後、実際に大きな揺れが来た事は
無かったですし、時には揺れている最中に速報が流れた事もありましたし。

しかも、速報が流れて10秒も経たないうちに揺れるとなれば、
この速報自体の意義ってどうなんでしょう?
もちろん、昔は「地震の予知なんて無理」って言われてたわけですから、
それが3割の確率で当たるところまで来たのは、すごい進歩だと思うんですよ。
(野球だったら3割バッターの評価は高いですしね(^^;)

けど、このシステムはまだ一般にまで稼働させない方が
良かったのかも知れません。
速報メールの音がするたびにドキッとしたり、ビクッとしたり、
揺れが来るまで緊張しっ放し。
精神衛生上、良い訳がありません(^^;
こういうTLが流れ始めた当初より、「切っちゃえば?」とは
言ってたんですけどね(^^;

更に、本人だけでなく、周囲の人にまで悪影響を与えているとすれば、
これはもう煙草と同じで、百害あって一利なし。
実際にお伺いしている話として、小さなお子さんがいる方は
この速報メールは要注意です。

症状がひどい子になると、速報メールでは無い、普通のメールや
携帯の着信音、或いはTVやラジオから流れる時報の音にまで
過敏に反応してしまって、泣きだしたり、体をこわばらせたり、
震えだしたり、という事もあるそうです。

これはもう、ある意味ではPTSDと言っても良いと思われます。
この事がトラウマとなり、将来的に不安障害や、パニック障害を
発症しない事を祈る事しか出来ません。
(もっと早く注意喚起すれば良かった…)

この速報の確率が5割程度まで上がって、しかも揺れが来る
5分前くらいに届くくらいの精度にまでなればともかく、
今の時点でこの速報メールが必要かどうか…

例えば皆さん、この速報メールを受信している人で、
メールを受け取った直後、どうしてます?
身を守るとか、避難するとか、行動出来てます?

とりあえず、速報メールを受信するたびに不安に駆られている方には、
また、小さなお子さんがいるお宅のお父さん、お母さんには、
このメール受信は控える事をお勧めします。

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************