2010年12月26日日曜日

大掃除

Xmasも終わって、残すところ今年もあとわずか。
やり残した事、年内にやらなければならない事、色々と
忙しくなる時期ですね。

年末というと、思い出されるのが大掃除。
部屋の大掃除をするだけでも、気持ちが新鮮になるというか、
気持ち良く新年を迎えられますので、ぜひ、お部屋の掃除をしてみてください。

同時に、ココロの大掃除もしてみませんか?
今年、自分にとって良かった事、感動した事、うれしかった事、悲しかった事など
自分のココロの中に残っている事を、もう一度思い出してみましょう。
そして、何故感動したのか、何故悲しかったのか、そうなった環境や理由を、
思い出せる限り、思い出してみるんですね。
(日記などを読み返す事も良い方法です)

物理の世界などでは「結果には必ず原因がある」という言葉が用いられます。
ココロの世界では、物理ほどすっぱりと割り切れるものでは無いにせよ、
ココロが動くにはそれ相応の原因や理由があります。
自分がそういう心境になるのは、こういう事に原因があるのかも、という事を
自分で知るだけでも、今後の生活が変わって来ます。

ぜひ、ココロの大掃除もして、新たな気持ちで新年を迎える準備をしましょう!

2010年12月21日火曜日

ストレスの解消法

街はすっかり、Xmasの装いですね。
この時期、何となく気分もウキウキして来るものです。

この「ウキウキ」感が、ストレスの解消にも大切なんですね。
人には、適度なストレスは必要不可欠なモノです。
そのストレスに打ち勝とうとして、何かにチャレンジしたり、
何度も試したりして、そのストレスの元を克服する達成感が、
人を成長させてくれます。

ただ、過度なストレスというのは、解消をしないと
どんどんココロに溜まって行って、やがて身体症状として
表面化したり、或いはうつ病や、様々な不安神経症といった
ココロの病気へと進んで行きます。

皆さんはそれぞれ、ストレス解消法というモノを持っていると思います。
例えば私は、「音楽」です。
好きな音楽を聴いたり、ライブを観に行ったり、楽器を弾いたりする事によって、
日々のストレスを解消しています。

ここが「ウキウキ」感なんですね。
その人にとって、どんな事をする事が「ウキウキ」するのか。
本を読んだり、スポーツをしたり、自然の中に身を置いてみたり。
また、家族やお友達、恋人といった大切な人達との他愛も無いおしゃべりでも、
ストレスは解消されます。
そこに「ウキウキ」感があるからなんですね。

年末年始と、忙しく過ごされる方もいると思いますが、どうかこの
「ウキウキ」感を感じながら、日々を過ごしてみてください!

2010年12月10日金曜日

忙中閑あり

師走。
何かとバタバタ慌ただしく、忙しいですよねぇ(^^;
おや?
「慌ただしい」とは、「心」「荒む」
「忙しい」は、「心」「亡くなる」
どっちにも「心」があります。
そしてどっちも、ココロにとってあまり良くない事です。

毎日を慌ただしく、忙しく過ごす事によって、ココロを失ってしまわないよう、
何とか時間を遣り繰りして、自分の時間、家族や友人、大切な人と
過ごせる時間、まさに「忙中閑あり」の精神が必要なのかな、って
思ってしまいます。

ココロを失ってしまうと、自分を思いやる事が出来なくなります。
そうなると、他の誰かを思いやる余裕も無くなってしまうモノです。
皆さんも、私以上に忙しい方ばかりだと思いますけど、
どうか、どこかで休息を取って下さいね♪

2010年12月4日土曜日

○○過ぎない事の大切さ

今年もあっという間に、もう12月。
歳を負うごとに、時の流れの速さを感じてしまいます。

さてこのタイトル。
○○過ぎない、というと、皆さんは何を思い出すでしょうか?

例えばこれからの時期、そろそろ忘年会や年が明けての新年会などに
お呼ばれする方も多いのではないでしょうか?
複数呼ばれる方などは、呑み過ぎ食べ過ぎには注意が必要ですね。

例えばXmas。
プレゼントにアレが欲しい、コレが欲しいと、色々と思い付くモノですけど、
欲張り過ぎるのはあまり良くないでしょう。

例えばバブルの頃、「24時間働けますか?」などという
キャッチコピーが流行りました。
更にそれよりも前、高度経済成長期の頃から、日本人はワーカホリックだ、と
言われていました。
現在はどうなのか分かりませんけど、働き過ぎなんですね。

私がいつもココロに思っている事は、頑張り過ぎない、という事です。
自分で言うのもなんですけど、昔の私は頑張り過ぎる傾向にありました。
特に、誰かに頼み事をされたりすると、断れない性格で。
さらに、もっと喜んでもらいたい、と思って、相手が望む事以上の事を
するような人間でした。

そして、その結果が評価されると、また頑張ってしまって。
働いて、働いて、働き過ぎてしまって。
今考えるとこれは、相手のために、という事では無く、それをする事によって
自分を評価してもらいたい、という思いが強かったんだと思います。
そして、頑張って、頑張って、頑張り過ぎた結果、体を壊しました。
それまで働いて貯まっていたお金も、仕事も、失ってしまいました。

よく「うつ病の人に対して『頑張れ』などと励ましてはいけない」と言われますね。
これは何故かというと、うつ病に限らず、病気を抱えている人は、その病気と
常に戦っているんですね。
特にココロの病を抱えてしまった人というのは、何故自分が?というような
思いもあったり、実際の病気との間での葛藤もあったりと、常に頑張っている状態なんです。

そこに他人から「頑張って!」などと言われると、「私は今、こんなに頑張っているのに分かってくれない」
その相手だけでなく、自分自身をも否定してしまう感情が芽生えて来る事があるんです。
結局それが、病気を悪化させたりする事にもつながって行くので、ココロの病を
抱えてしまった人には、励ましの言葉は禁句なんですね。

じゃあ、どんな言葉を掛ければ良い?と思われる方もいると思いますが、
そういう時に言葉はあまり必要無いんですね。
相手の話に耳を傾ける。
自分の意見を押し付けず、大丈夫だよ、という風に、傍にいるんだよ、という事を
伝えるだけで良いんです。

いずれにしても、○○過ぎない事って、大切な事だと思います。
過ぎたるは、なお及ばざるが如し…という事でしょうか。