2016年2月12日金曜日

相手あってこそ(^^)

皆さん、こんばんわ(^^)
今週も無事、金曜の夜を迎えられました。
もっとも昨日が祝日だったので、少し楽だった感じもあります(^^;

さて、コミュニケーションを語る上で私は主に「話の聴き方」を主眼とした
お話をいつもしていますが、こんな記事を見付けました↓

こういう人は要注意! 「話が通じないな……」と思う人の特徴10
http://woman.mynavi.jp/article/160212-9/

皆さんの周りにこんな人、いませんか?
或いはこれを読んでいるアナタが、周りからこんな風に思われているかも知れません(^^;
(私の職場には、こんな人が多いです(^^;)

この記事のまとめにもある通り、会話、コミュニケーションとは「相手」があって
初めて成立するものです。
(一人で話しててもそれは「独り言」ですからねぇ(^^;)

相手がある以上、相手の事を思いやりながら話す、そして話を聴く。
そうすると、使う「コトバ」にも気を付けるようになったり、話し方を
工夫したり、話をよく聴こう、という姿勢が出来て来ます。
そしてそういう気持ちや姿勢は、相手にも伝わるものです。

そして誰もがこういう姿勢を持てれば、極端な話、もっと良い世の中、住みやすい世の中、
生きやすい世の中になると信じています。

私も改めて、自分の話し方、聴き方を見直してみます(^^;

※ホームページのURLが変わりました。
Healing Forest新ホームページ→http://heal-forest.sakura.ne.jp/
*******************************
栃木県宇都宮市で   
カウンセリングをお気軽に!
カウンセリングスペース 
Healing Forest
http://heal-forest.sakura.ne.jp/

姉妹サイト
心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2016年2月1日月曜日

まだまだこれから

皆さん、こんばんわ(^^)
暖かくなったと思ったらまた寒くなって、体調管理が難しいですね(^^;
私の周りでも体調を崩している人が増えて来ています。
皆さんも気を付けて下さいね!

さて先日、こんな記事を見付けました↓
「2万5000人へと減少した「日本の自殺率」に対する海外の反応」 
http://suzie-news.jp/archives/15168

確かに数だけ見ると減って来ているんです。
ただこの記事にもある通り、単純に数字だけを見て喜べる状況ではない、とも考えています。

長時間労働については昔から言われている問題で、高度経済成長時期なら
通用していた理屈も、今の時代ではなかなか難しく、その世代間ギャップが
人間関係の悪循環を生んでいる、という現状が多く見受けられます。
(カウンセリングの内容から)

また、心理療法に対する抵抗感については、全くその通りだと思います。
海外ドラマなどを観ていると、普通にカウンセリングを受けるシーンなんかも
結構あったりするものです。

半ば職場からの命令でカウンセリングに行かされる、なんて事もあるようですけど、
日本ではまだまだ、そんな段階ではありません。

この記事の筆者は、こんな言葉で記事を〆ています。

「自殺をゼロにすることは難しいでしょう。ですが、将来に希望を持ったり、
孤独のなかで生きている人に声をかけたりすることで、救われる命が
あるかもしれません。」

「行政や病院に任せるのではなく、私たちひとりひとりがこの問題と向き合い、
命の大切さを再確認することが大切なのではないでしょうか。」

おっしゃる通りだと思います。
自分の周囲に居る人達への思いやり。
ちょっとした目配り、ココロ配りがあれば、それだけでもこの数字は更に減ると思っています。

そのためにも、「話の聴き方」伝えなくちゃ!

※ホームページのURLが変わりました。
Healing Forest新ホームページ→http://heal-forest.sakura.ne.jp/
*******************************
栃木県宇都宮市で   
カウンセリングをお気軽に!
カウンセリングスペース 
Healing Forest
http://heal-forest.sakura.ne.jp/

姉妹サイト
心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************