2014年1月28日火曜日

まずは自分から…

皆さん、こんばんわ(^^)
寒い日が続く中で、今日のようなちょっとした暖かさは、
ココロがホッとしますね(^^)

以前、自己実現欲求に付いてちょっと書きましたけど、そのひとつ前の事が
記事になっていたので、興味を持って読んでみました↓

■承認欲求は悪?満たして伸ばす子育て術
(JIJICO - 01月28日 15:20)
http://jijico.mbp-japan.com/2014/01/24/articles6950.html

以前書いた自己実現欲求というのは、アメリカのマズローという心理学者が
理論化したモノなんですけど、実はこれには5段階の欲求があるんですね。

前提として「「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と
仮定した上で、以下の5段階の欲求が有る、というものです。
(ピラミッドの図面は、見た事がある人も多いと思います)


1、生理的欲求(Physiological needs)
2、安全の欲求(Safety needs)
3、所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
4、承認(尊重)の欲求(Esteem)
5、自己実現の欲求(Self-actualization)

自己実現欲求の前にある、承認欲求が今の若い人には強く表れているのでは、
という事は少し前から言われていました。
これは裏を返すと、その親たちが自己承認(自己肯定)が出来ていないから、
その子供達の承認欲求を幼い頃に満たしてあげる事が出来なかったんだろう、と
私は考えていました。

よく「ほめて伸ばす」とか「ほめられて伸びるタイプ」なんて言いますけど、
この記事を読むと「ほめる」のではなく、「認める」という子育てが大切、と
書かれています。

これは恐らくそのまんま、今の若い人は元より、私のような世代の人間までもが
必要としている事なのかも知れないなぁ…と思いました。

潜在意識のお話をさせてもらっていた中で、実はこの「自己承認」に付いても
少しお話していたんですけど、潜在意識への働きかけによって自己承認の
癖を付ける事が出来て行けばそれは結局、他者を承認出来る事にも繋がるんですね。

ダメ出しではなく、認めてあげる事。
これはカウンセリング技法で言う所の「共感的理解」になります。
子育て真っ最中のパパにママ、職場や友人関係で困っている事がある方、
この辺のお話は参考になると思いますよ(^^)

*******************************
栃木県宇都宮市で   
カウンセリングをお気軽に!
カウンセリングスペース 
Healing Forest
*******************************

2014年1月22日水曜日

早期発見も肝心

皆さん、こんばんわ(^^)

昨日に引き続き、ちょっと気になった記事がありました↓

前触れもなく突然不安に襲われる パニック障害の原因・治療
http://allabout.co.jp/gm/gc/302267/

パニック障害という病名は知っていても、具体的にはどんなの?って方も
多いと思うんですよ。
ただこの病気もうつ病同様、誰にでも突然発症する可能性があります。

また、女性の方が罹る事が多いんですけど、比率的には低いんですが
男性も罹る事もあります。

この記事にある通り、日常生活もまともに送れなくなってしまう所が
この病の怖い所です。
ただ、克服は出来ます。

私の知人でもこの病気に罹った方が居ましたが、今では普通に外出出来るまで
回復しました。
ただ、かなり病状が進んでからの治療だったので、回復までの期間は
年単位を要しました。
(私も及ばずながら、認知行動療法のお手伝いをいたしました)

うつ病にしても、パニック障害にしても、他のココロの病にしても、
もちろん普通の病気でも、早期発見、早期治療が大切です。
「自分がもしかしたらそうかも!?」と思われた時には、
専門医の元を訪ねてみられると良いでしょう(^^)
(私に問い合わせて頂いても構いませんよ(^^)
 但し、診断は致しませんが(^^;)

*******************************
栃木県宇都宮市で   
カウンセリングをお気軽に!
カウンセリングスペース 
Healing Forest
*******************************

2014年1月21日火曜日

もっと取り組まないと!

皆さん、こんばんわ(^^)
大寒を過ぎて、一層寒さが厳しくなって来ましたね。
ノロウィルスやインフルエンザも流行しているようです。
皆さんも気を付けて下さいね!

気になった記事がありました↓

■うつ急増の背景に製薬企業のキャンペーン、自殺企図リスク防ぐ~うつを免罪符に怠ける社員も
(Business Journal - 01月21日 18:00)
http://biz-journal.jp/2014/01/post_3909.html

確かに最近、うつを取り上げたCMが増えて来たなぁ…という実感はありました。
このようなCMをきっかけに病院に行って、うつ病と診断される事も
少なくないようです。

ここに書かれている事それぞれには、共感出来る部分、理解出来る部分もあれば、
違和感を覚えたり、反論したい部分もあり(^^;
ただ、大企業では様々な取り組みが始まっている、というのは少し安心しました。

他の病気もそうですけど、うつは予防出来る病気です。
カウンセリングも有効だよ、という一言を入れて欲しかったなぁ(^^;
まだまだ、心理カウンセリング自体が市民権を得ていない証拠かも知れません。
もっともっと、啓発に取り組まないと(^^;

*******************************
栃木県宇都宮市で   
カウンセリングをお気軽に!
カウンセリングスペース 
Healing Forest
*******************************

2014年1月16日木曜日

気軽に書いてみませんか?

皆さん、こんばんわ(^^)
寒い毎日ですねぇ(^^;

自己啓発とか、自己実現とか、色々な本やらセミナーやら、
「引き寄せの法則」なんてのもありますけど、これは手軽で良いかな、と(^^)↓

脳が勝手に導いてくれる「未来日記」のすすめ
http://nanapi.jp/113074/

人間には基本的な欲求として、「自己実現欲求」というのがあります。
ざっくりと言えば「なりたい自分になりたい」というもんですね。

例えばお正月など(正月に限りませんが(^^;)、神社に初詣に行って
お参りして、お願い事をしますよね?
こういう行為って、この自己実現欲求に働きかけられる行為なんです。

この記事に書かれている通り、「なりたい自分」を具体的に想像する事に依って、
その想いは潜在意識に働きかけます。
(この記事では「脳」となっていますね)

そのように働きかける事に依って、無意識のうちに自分をその方向に導けるよう、
行動や言動が変わってくる、その積み重ねによって、「なりたい自分」に
近付いて行ける、という訳です。

こういう事を毎日意識するって意外と出来なかったりしますけど、
この記事のように日記の形式にすると、それまでの道のりを振り返る事も
出来たりするので、良い方法かも知れません(^^)

*******************************
栃木県宇都宮市で   
カウンセリングをお気軽に!
カウンセリングスペース 
Healing Forest
*******************************

2014年1月4日土曜日

これは使えるかも(^^)

皆様、明けましておめでとうございます!
2014年が始まりました。
皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?
 
さて、明後日から仕事始め、という方が多いと思います。
そんな中、先ほどニュースで取り上げられていた事に
ちょっと興味を引かれたので、ご紹介しようと思います。
 
「アンガーマネジメント」というコトバ、ご存知でしょうか?
 これは誰もが持つ「怒りの感情」をコントロールする事なんだそうです。

 今日のニュースでは特に、職場での上下関係の中における
正しい「怒り方」に付いての研修の模様が紹介されていました。
 
最近ではちょっとした言葉遣い、言葉のあやでもすぐに「パワハラだ!」と
言われたり、打たれ弱い若い人などはすぐに仕事を辞めてしまったり、
ココロの病に陥ってしまったりと、怒り方を間違える事に依っての
マイナス要素が多くなっているんだそうで。
 
逆に言えば、正しい怒り方で接していれば職場、組織の人間関係は
円滑に進む、というのがアンガーマネジメントなんだそうです。
 
実際に取り上げられていた例ですが、部下を怒る時や指導する時に
「~べき」とか「~はず」というコトバは連発しない方が良いそうです。
これを言われると、受け取る側としては「言っている事は分かるんだけど、
受け入れ難く」感じるんだそうです。
 
これ、カウンセリング的なアプローチで考えてみたんですけど、この
「べき」とか「はず」というのは、それを言っている側の主観であって、
そこに具体的な数値とかデータがあればともかく、何も説得材料が無い状態で
これを連発する事は、主観の押し付けになってしまうだけ、と考えられます。
 
そこで怒られている側に対して反論なり、ココロの内を聴くといった
「話を聴く機会」がセットになっていれば、ある程度の話し合いによって
理解してもらったり、お互いの考えを受け入れたり出来る機会に繋がるかな、と
考えました。
 
また、怒る時には一つの問題にフォーカスを当てる、という事も言ってました。
 
例えば遅刻をして来た人に対して、遅刻に関して怒る事は必要ですが、
それに伴って普段の仕事の態度や、成績の事など、それ以外の事も同時に
持ち出す事は、相手に伝わらなくなるんだそうです。
 
時代が変わった、と言ってしまえばそれまでなんですけど、いわゆる
高度成長時代のソレと、バブル崩壊を経て不景気が普通だったこれまででは、
職場における人間関係も変わって来ているんでしょう。

それまでのやり方は通用しない、人間関係を良くして、組織の成績向上に
つなげたい、と考えられる方は、このアンガーマネジメントを取り入れてみるのも
良いかな、と思いました。
(ついでに、話の聴き方もセットにして頂ければ、なお良いと思います(^^)←宣伝(^^;)

詳しくは、こちらのHPを参考にして下さい!


*******************************
栃木県宇都宮市で   
カウンセリングをお気軽に!
カウンセリングスペース 
Healing Forest
*******************************