2013年9月20日金曜日

秋ですね(^^)

皆さん、こんばんわ(^^)
今週はあっという間に終わった…という感じでした(^^;

ここのところ、だいぶ過ごしやすくなって来ましたね(^^)
今日は少し蒸し暑かったですが…
ただ、朝晩の気温差は結構大きくなっています。
風邪引きさんも増えているようです。

いつもこの時期に書いていますが、こういう季節の変わり目は
心身共に変調を来たしやすくなる時期でもあります。
特に夏から秋、というのはココロへの影響が大きい…
というのは私の主観ですけど、この時期と春先は特に、
ココロが不安定になる方が増える感じです。

ぜひ、休める時にはしっかりと身体を休めたり、自分の好きな事に
没頭出来る時間を取って、ココロとカラダのリフレッシュをして頂きたいですね(^^)

今週末も三連休。
先週末は台風の影響などで予定が狂ってしまった方も多いと思います。
この三連休はぜひ、楽しく過ごして下さいね!

*******************************
栃木県宇都宮市で   
カウンセリングをお気軽に!
カウンセリングスペース 
Healing Forest
http://forest.gcmc.jp/
*******************************

2013年9月3日火曜日

それぞれに合った方法で(^^)

皆さん、こんばんわ(^^)

「メールカウンセリングって、どうなの?」という
質問をよく頂きます。
最近では色々なところでメールカウンセリングをしていますけど、
私が始めた頃はそれほど多くありませんでした。

私がメールカウンセリングを始めたきっかけは、
日記療法というモノを知った頃でした。

日記療法とは、皆さんが想像されるような日記とは少し違います。
ココロの病、例えばうつ病とか、パニック障害とか、摂食障害など、
そのような病を持った方が、うつで落ち込んだ時、
パニック発作を起こした時、どか食いをして吐いた時など、
そうなった時の少し前、自分にココロの状態に何か変化があったか、
環境はどうだったか、何かのきっかけになりそうな事があったか…などを思い出して
、書き留めて行くんですね。

その日記を書き貯めて行くとその後、自分がどんな状況、環境になった時に
落ち込んだり、発作を起こしたりするのかの予測が
出来るようになって来て、予防も出来るようになって来る、
認知行動療法の一つです。

これをカウンセリングに応用出来ないか、と考えた時、
メールが思い浮かんだんです。

メールだと、自分の悩みや不安を文章にして、自分の目で見ます。
まずそこで、自分の状況を客観的に観る事が出来る。
これは面談カウンセリングで自分ことを話す時に起こる「気付き」がより、
起きやすくなるのでは、と思ったんです。

更に、ココロの病を持った方は、外出が困難な方も多い、
人前に出る事が怖い方、知らない人と話す事が怖いという方も多い。
(私も人見知りですので(^^;)

そういった方達にとって、自宅で、相手の顔を見る事も無く、
文章でカウンセリングが気軽に受けられるのはメリットになるのでは、と考え、始めました。

当初は試行錯誤の繰り返しで、文章のみでのココロの
やり取りの難しさも実感しましたけど、一定の成果も
感じられるようになりました。

面談やメール、更に電話やSkypeなど、今は様々な
カウンセリング形態がありますけど、クライアントさんそれぞれに
向き不向きもありますので、それぞれに合った方法を選んで
カウンセリングを受けて頂きたいと思います(^^)

*******************************
栃木県宇都宮市で   
カウンセリングをお気軽に!
カウンセリングスペース 
Healing Forest
http://forest.gcmc.jp/
*******************************