2011年3月30日水曜日

口に出してみましょう!

昨日、今日と、昼間はだいぶ暖かくなりましたね(^^)
おかげで停電も無く、普通に生活出来てます(^^;

そうなって来ると「春眠 暁を覚えず」となるはずなんですけど、
どうも私の周りからは「眠れない」という声が多く聞えて来ます。
やはり地震の影響は大きかったようで、暗くなると怖くて
眠れなくなるとか、余震が起こるたびに目が覚めたりと、
人それぞれではあるんですけど、不眠を訴える方が増えて来ています。

以前、昼寝をお勧めしましたが、なかなかそういう時間が取れない方も
多いと思うんですよ。
睡眠が取れないと、体の疲れも取れませんし、何より、
精神的なバランスが取れなくなって来て、様々な神経症や、
うつ病などに移行していく事もありますから、注意が必要です。

とりあえず布団に入ってみる。
けど、眠れない。
眠ろうとすればするほど頭が冴えて来て、焦りも出て来る。

大体、こんな感じだと思うんですが、こういう時には
「寝なくても良いや」と開き直るのも一つの方法です。
ただそこで、本を読んだり、携帯を見たり、はいけません。
とりあえず目をつぶって、ボーっとしてみる。
これで徐々に眠りに就ける事があります。
また、アロマテラピーとか、リラックス出来るBGMなども、
有効ですね(^^)

ただ、それ以前に大切な事としてお伝えしておきたいのは、
眠れない、というのはココロに何かしらの「不安」がある、
という事なんです。
まずは自分が抱えているその不安が何なのかを、
見付けてみる事が必要です。

その上で、自分が抱えている不安をとにかく口に出してしまう事。
これが最も重要です。
独りで抱え込んでしまう事が多いと思うんですけど、
そういう事はせず、とにかく誰でも良いから、不安な気持ちを
口に出してみましょう。

特に今のような状況では、地震という物理的な不安の他に、
例えばお仕事とか、学校とか、これから先の事とか、
様々な不安が積み重なっている事もあります。
それらの一つ一つを、口に出してみましょう。
それをするだけでも、だいぶ精神的には落ち着けるはずです。

周りの人に弱みを見せるなんていやだ、なんて思っていても、
病気になるよりはマシなはずですからね(^^;
このような精神的な安定が、不眠の解消にもつながります。


それからもう一点、これは身近にお子さんがいる方へ
お伝えしておきたいのですが、お子さん、元気ですか?
地震以前と比べて、元気過ぎませんか?
明る過ぎませんか?
逆に、表情はありますか?

地震に対して恐怖心を抱いて、赤ちゃん返りしたり、
不安を口にしていれば、それはそれで良いのですが、
そういった表現を一切せず、変に元気を装っていたり、
無理やり笑っているような感じだったり、あるいは逆に
表情の変化が乏しくなっていると感じられたら、
要注意です。

周りの人に迷惑をかけたくない、という思いから、無理に明るく振る舞ったり、
気持ちを悟られまいとして、表情を変えないようにしている可能性があります。
ただ、この場合はあまり無理に話を引き出そうとはせず、
普段通りに接してあげて下さい。

もしお子さんが何か話をし始めたら、そのままお子さんの目線で、
お話を聴いてあげて下さい。
お子さんの言う事に意見はせず、ただ聴いてあげて下さい。
この時に、体のどこかを触ったり、撫でたりしてあげると、とても良いです。

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年3月18日金曜日

この週末は…

もう、なのか、まだ、なのか、先週の今頃は、これからの日本は、
いえ、正直に言えばこれからの自分はどうなるのか、そんな漠然とした
不安を抱いていた訳ですけど、その意味ではこの一週間は
想像し得なかった事ばかり起こって、ますます不安に拍車が掛かったりも
しましたけど、今日という日を迎えた今、こうして昨日を、先週を
振り返る余裕が出て来たという事は、色んな事が起こった中でも、
ココロの整理が少しは出来て来たのかな、とも。

そろそろ、ココロの疲れが表面化してくる時期です。
これは被災地の方はもちろんの事、私達にも言える事です。
普段とは違う状況の中で、慌ただしくお仕事をされた方々、
計画停電や、様々なモノの不足、余震に振り回されながら、
毎日を忙しく過ごされた方も多いと思います。

これが例え普段から忙しくされている方だとしても、この一週間の
間の疲れの中には、そこに「張り詰めた、途切れない不安や緊張感」が
加味されている、と思って下さい。
気付かないうちに、誰もが相当なストレスが溜まっているはずなんです。
ここには、子供も含まれます。

そこで明日から3連休という方も多いと思いますので、その過ごし方などを
少し…
明日はお天気も良くなり、かなり暖かくなりそうですし、
今の段階で、明日の計画停電は全面回避の方向で検討されて
ますから、安心してお出掛けも出来そうです。
そんな休日に、朝からガソリン求めて渋滞の列に並んだり、
あちこちのスーパーとかコンビニ巡って、色々とモノを買い込むのは
もったいないですよ(^^;
明日はぜひ、近場にお出掛け、と行こうじゃないですか!

もちろんこんな状況ですから、あまり遠出も出来ないですし、
遠出するにはまだ少し不安もあるでしょう。
アミューズメント施設や、イベントも休園や中止のところが多いみたいです。
そこで近場です。
徒歩とか、自転車とかで行ける範囲、公園とか、運動場とか、
なるべく体を動かせるところが良いですね。
特にお子さんがいるご家庭だったら、お子さんが思い切り遊べるような
広いところが良いと思います(^^)

そういうところで体を動かしたり、お子さんと遊んだりするという事で、
ご自身のストレスも、お子さんのストレスも一気に発散出来ます。
それから夜は、開いていればファミレスとか、回転すしとか、
焼き肉とか、外食でも行きましょう!

「被災地の方々の事を考えると…」という方もいるでしょう。
そういう考え方、姿勢や想いはとても尊くて大切です。
けど、先日も書きましたけど、今の私達の環境では、
そういうお店が開いていて、営業している訳です。
そういうところで食事をして、お金を払う。
そうやって経済を活性化させる事が、被災地の復興にも
貢献出来る一つの要素なんです。
例えば、どうせ買い物をするのだったら、東北産のモノを購入する事も、
一つの貢献ですよね?

普段通りの事を、普段通りにする事。
今の私達にはそれも、復興支援の一つの方向です!
笑いましょうよ(^^)
楽しみましょうよ(^^)
決して悪い事ではありません!

*******************************
メールカウンセリングを お気軽に!
    心のナースコール
http://www.heartful-smile.com/
*******************************

2011年3月14日月曜日

ココロの充電しましょう(^^)

今日、お仕事に行かれた方、本当にお疲れさまでした<(_ _)>
皆さんの職場や現場は、いかがだったでしょうか?
後片付けに追われた方、通常業務をされていた方、いずれにせよ、
普段とは少し違う状況でのお仕事、お疲れになったと思います。

また、お家等で過ごされた方、計画停電の情報に振り回されて、
ヤキモキされた方も多いのではないでしょうか?

先週の金曜日以来、ずっと気持が張り詰めた、緊張した状態で
過ごして来て、今日、新しい一週間の始まりを迎え、そして夜を迎えた今、
今夜から明日にかけてが、実は一番、精神的に不安定になり易い時間帯なんです。

この数日は余震が続いていたり、停電や食料、燃料の事など、
緊張状態、一種の興奮状態が続いていた、と考えて下さい。
さらに、TVでも被災地の悲惨な映像がずっと流されていて、
その映像のショッキングさも、それに拍車を掛けていました。

それが今日、仕事場や少し余震も落ち着いたところで、家の片付けとか
家事をなさって、それを終えた今、これまで張りつめていた緊張の糸が
切れてしまう、これまで自分を支えて来た電池が切れてしまうような
状態になり易い状態になっています。

例えば今、妙な不安感や罪悪感、無力感、頭がボーっとしたり、
ふとした拍子に涙が流れて来たり…
頭痛や吐き気、眩暈等、そんな感じはありませんか?
これらはその兆候の一つ、と考えて下さい。
(これはお子さんにも当てはまります)

そこで、今夜の過ごし方を少し提案させて下さい。

まずは、我慢し過ぎない。
被災地の人達は色々な事を我慢しているんだから、私達も…といった
想いというのは尊いし、大切です。
けど、申し訳ないですけど被災地では、ライフラインも寸断されていて、
物資も届いていないところもあるようで、そこにモノが無い、という
現実がある訳です。

では今の私達に無いものとは…
ガソリンや灯油、これは品切れしてますから、我慢ですね。
節電、これはもう今や、当然の事として受け止められています。

けど、食料はありますよね?
食べましょうよ(^^)
ガスと水道、電気も通じていれば、お風呂にも入れますよね?
お風呂、入りましょうよ(^^)
我慢する事は大切ですが、そこにモノがあったり、出来たりするのに
そこまで過剰に我慢を強いる事はないんですね(^^)

ご飯を食べて、お風呂に入ったら今夜は、TVは点けずに
好きな音楽でも聴きながら本を読んだり、TVでもリラックス出来るような
番組があればそれを観たり、或いは気持ちが落ち着いたり、笑えるような
DVDでも観たり、アロマキャンドルとかで気分転換を図る、なんてのも良いですね(^^)
(但し、キャンドル使用の際は慎重に(^^;)

ご家族と色々とお話するのも良いですし、お子さんがいるご家庭であるなら、
お子さんたちと一緒に過ごす事も良いでしょう(^^)

このようにして、いつもと少し違う疲れ、特に自分では気付きにくい
ココロの疲れを、今夜は取るようにして下さい(^^)

これを今週中くらい続けて行けたら、ココロの問題はクリア出来る、と思います。

それから、ご自身はもちろん、お友達やご家族で、何か気になる兆候が
あったらいつでも気軽に、私宛メッセージを送って下さいませ。
ココロの問題は普通の病気と同じく、早期発見が大切です。
また、話す事によってかなり楽になる事も事実です。
(もちろん、カウンセラーですから守秘義務は必ず守ります)

今、誰もが頑張っているし、誰もが不安も抱えているはずなんです。
明日も休みで自宅待機となってしまって、今後の生活への
不安なんかが、ぶっちゃけあります(^^;
けどそんな中でも、自分に出来る事をやっていくしかないんですよね(^^)

2011年3月13日日曜日

お昼寝のススメ(^^)

おはようございます!

今朝の宇都宮は快晴、気温もこれから結構上がって来るようで、
暖房節約日和となりそうです(^^)

何だか朝日が凄く眩しく感じます。
気持ち良い(^^)
東北地方で被災されてしまった方々も、このお日様の力で、
少しでも生きる力が湧いて来てくれたら…と願うばかりです。

昨日も書きましたけど、色々な方のお話を伺っていて
多かったのが「夜が怖くて眠れない」というものでした。
まだまだ余震も続いてますし、暗闇と言うだけで不安が増しますからね。
そこでお勧めしたのが、お昼寝です(^^)

「いつもは『規則正しい生活を!』って言ってるじゃないか!」と
言われそうですけど、今はそうも言っていられない状態ですから(^^;

外が明るい間というのは、精神的にも夜よりは安定するものです。
何かあっても、明るいうちならすぐに逃げられる、という安心感もありますし。
そこで、少しでもまとまった時間が取れるようなら、2時間とか3時間、
お昼寝する事をお勧めします(^^)

特に今日は日曜ですし、どこに出掛けても物資が不足していて、
お買い物も出来ないでしょうし、ガソリンも長い時間待って、消費
するよりは、初めから出掛けない!と腹をくくって寝ちゃった方が、
精神衛生上も良いと思います(^^)
ご家族揃って、お昼寝しましょう!

それと、コレも昨日少し書きましたけど、被災地の災害映像を
長時間観続けているだけで、PTSDのような症状を呈する事がある
んです。
被災地の悲惨な現状や、悲しみにくれる方々の姿を観ていると、
自分もその被害に遭ってしまったかのように感じてしまい、
不眠や頭痛、吐き気に眩暈、更にはフラッシュバックや鬱など、
精神的に不安定な状況になってしまいます。

特に、小さな子どもさんには要注意ですので、お子さんが
いる家庭では、あまりTVは付けないようにするか、DVD等で
アニメなどを観せておいた方が方が良いかも知れません


そこで私は昨日の夕方から、TVを消して、ラジオに切り替えました!
ラジオでも充分に情報は入って来ますし、音楽も流れて来るので、
ココロの切り替えが容易に出来ます


こういうときTVというのは、情報がマンネリ化してくると
「これまでのドキュメント」と称して、被害状況をドラマチックに
仕立てあげる傾向にありますから、その分、ココロに響いてくる事も
大きくなってくるものです。
各局で行われているから、つい情報を求めて観てしまう、
という中で、映像を観続けてしまう事もある訳ですけど、
大人でさえかなりショッキングな映像の連続で、涙が流れてくるような
状況ですし、それが子供なら、どれだけココロにきつい影響があるかは、
計り知れないですからね。

という事で今日は、ラジオで音楽を聴きながらみんなでお昼寝、を
お勧めします!

この唄が、被災地の皆さんと、それを支援している日本全国、
そして世界中の方々に届きますように♪

2011年3月12日土曜日

こういう時だからこそ

ここ100年間でも、5本の指に入るくらいの大災害が起こってしまいました。
先日のニュージーランドでの地震がまだ記憶に新しいところではありますが、
自分自身が経験した地震としても、これは生まれて初めての経験でした。

特に被害が大きかった地域、そして被災された方、地震に伴う津波被害に遭われた方々、
皆様に心からお見舞いを申し上げます。

日本はこれまでにも、大きな地震に見舞われて来ました。
その経験が防災意識を高め、現在の被害で収まっているのは奇跡的、とは
海外メディアの評価です。
これほどの災害に見舞われても、略奪や強奪などの犯罪も起きず、店の中に
落ちている商品を拾って棚に戻し、そして整然と列に並んで買い物をしている姿、
やっと動き出したバスなどの中で、妊婦さんに席を譲るお年寄りの姿など、
日本人の姿は、その誇りと共にCNNやBBC、その他海外メディアでも
大々的に放送されているようです。
各国からも続々と、援助の手が差し伸べられています。

私はこういう時だからこそ、個人個人が自分の行動に誇りを持ち、
今の自分達に出来る事をすれば良い、そんな風に思います。

例えば「今、私よりも大変な状況の中にいる人たちが大勢いるのに、
自分には何も出来ないのが情けない」と思われている人もいるかと思います。
ですが、そうでは無いんです。
何も出来ない事は無いんです。
自分よりも大変な状況の人達がいる、それを認識しているだけで、
その人達の事を思っている訳です。
大切なのはその「気持ち」です。
それがどれだけ素晴らしい事か!

今の時点で出来る事、例えば、電力消費を抑える、不要な外出を控える
それだけでも充分に、貢献出来ているんです。
電力消費を抑える事によって、急を要する場所(病院等)へ電気が多く行きます。
不要な外出を控える事によって、それだけ車の量が減り、緊急車両の
通行が容易になります。

お子さんがおられるご家庭は、お子さんに対して「我慢して」というのではなく、
「大丈夫、守ってあげるからね」と言葉を掛けてあげるだけで、
子供はとても安心します。
ご近所にお年寄りや体の不自由な方がいらっしゃる方は、是非一声掛けてあげて下さい。

宇都宮市内でも未だに停電しているところもあるようですし、大きな余震も
未だに続いています。
そんな今だからこそ、被災を免れた私達が今、出来る事というのを
それぞれに、考えてみても良いと思います。